快適な暮らし

taking care

安全で快適な暮らしを高齢者に保証

人は年齢を重ねるにしたがってどうしても筋力や関節の機能などが衰えてきて、日常生活に支障が生じるようになってきます。立ったり座ったり歩いたりといった、それまで何でもなかった動作にも困難をきたします。そのため、家庭内においてもさまざまな不便を感じるようになります。 こうした不便を解消し、快適な生活を送れるようにするための手段として注目を集めているのが、介護リフォームです。介護リフォームは高齢者における身体能力の変化に配慮して、必要な改修工事などを行うことです。介護リフォームを実施することで、物理的にも心理的にも負担の少ない暮らしを高齢者に提供することができるようになります。加えて、同居の家族やヘルパーなどの介助者の負担も軽減することが可能です。

公的助成が得られるリフォームもあり

介護リフォームの具体的な工事例としては、第一に手すりの取り付けがあります。玄関の沓脱、廊下、階段、トイレなどに手すりを取り付けることで、住居内をスムーズに移動するのを助けます。 また、部屋と部屋の間の段差を解消する工事も同じ目的で行われます。歩行機能に衰えのきた人にとっては、わずかな高低差でも障害になることがあります。 さらに、ドアノブや水道栓をひねるタイプのものでなくレバー式に交換するといったことも介護リフォームの範疇に入ります。これは握力の低下に配慮したものです。 こうした介護リフォームについては、現在、一定の要件を満たしている場合には介護保険から費用補助が受けられます。またいくつかの金融機関においても、介護目的のリフォームに対する住宅ローンが提供されています。