介護で働く

taking care

職業訓練施設で学ぶ事が第一歩です

近年の不況により介護現場で働こうと考える人が増えています。ホームヘルパー2級の資格は一般的に認知されている介護の資格の一つです。最近、介護職員初任者研修という名称を目にする機会が増えてきました。ホームヘルパーと介護職員初任者研修には何か違いがあるのでしょうか。 2013年にホームヘルパー2級の資格が廃止され介護職員初任者研修という名称に変更となりました。これまでホームヘルパーの資格は段階毎に区分けされていましたが、今後は介護職員初任者研修として全て統合される事になります。介護の現場で働きたいと思う方は、ホームヘルパーの資格ではなく介護職員初任者研修の終了者資格の取得を目指す事になるでしょう。 スクーリングの費用は大手の場合15万円前後となっています。中には10万以下で資格が取得出来る場合もありますが、キャリアアップの為には費用だけでなくスクーリングの中身も重視した方が良いでしょう。

介護職員初任者研修とは何か

介護職員初任者研修とホームペルパーの大きな違いが2つあります。一つは修了試験の実施です。今までは講習を修了すれば資格を取得する事が出来ましたが、今後は修了試験に合格する事が必須となります。 二つ目は実習の廃止です。ホームヘルパー資格では30時間程度の実習が必要でした。しかし受け入れ先の実習先が少ない事等の背景もあり、実習ではなく演習という形で研修が行われます。しかし、就職を意識して1、2日程度の実務演習を実施している所は少なくありません。 介護職員初任者研修は国家資格ではありません。しかし、実務経験が3年以上経過すると介護福祉士の受験資格を得る事が出来ます。キャリアアップを考えている方は介護福祉士の資格の取得も検討してみましょう。